保護主義的な制限、輸送の混乱、価格の上昇は、フードチェーンと世界的な供給に裂け目を生じさせ、地球上で最も脆弱な地域を危険にさらしています。

たくさんの食料が手に入っても食糧危機に陥ることがあります。これが我々の置かれている状況です。 FAOの上級エコノミスト、アブドルレザ・アバシアン氏がウォール・ストリート・ジャーナルに語った。この逆説的な状況を説明すると、豊作と大量の食糧備蓄の時代にパンデミックが起きたということです。しかし、一連の保護主義的な制限、輸送の混乱、乱高下した価格変動により、フードチェーンと世界の食糧供給に亀裂が生じ、地球上で最も脆弱な地域が危険にさらされています。

コビド-19と廃棄物

コロナウイルスの普及により、食品の需給両面に歪みが生じている。米や麦などの基本的な必需品の価格は、パニックで買いが殺到したこともあり、多くの都市で値上がりしている。また、貿易の混乱やロックダウンにより、農場から市場、加工工場、港湾への製品の移動が困難になっているため、食品が畑に放置されていることも少なくありません。

ウイルスの後の食品部門はどうなるのか?セクター内の企業の恐怖

一方で、観光に依存する途上国での不況によるレイオフや通貨の切り下げ、石油などの原材料の価格下落などが問題を悪化させ、輸入食品が手に入りにくくなっていることから、世界中で金欠状態に陥る人が増えています。

未曾有の危機

過去には常に需要側、あるいは供給側の危機に直面してきた。しかし、これは両方である:需要と需要の危機を同時に、世界的に」と国連世界食糧計画(WFP)のチーフエコノミスト、アリフ・フセイン氏は述べている。今の危機は前例のない、未踏の状態になっています。WFPは、35カ国以上の国々が年末までに飢饉に直面する可能性があり、1億3000万人以上の人々を飢餓の瀬戸際に追いやる可能性があると警告した。

気候研究:10億人が「耐えられない」気温上昇
GIAMPAOLO CADALANUによって

米国のような自給自足の農業国では、これまでのところその影響は限定的であった。スーパーの棚に並ぶ種類がやや減り、食肉加工業界も多少の中断はあるものの、大きな食品不足にはなっていない。

イタリアの農家と世界の残りの部分は、家族農業を守るために消費者と一緒に

一方、南スーダンは、長い内戦に終止符を打つために国民統合の新政権が発足したばかりで、最も危険にさらされている国の一つである。FAOが発表した数字によると、首都ジュバの小麦価格は2月から62%上昇している。タピオカと呼ばれる地元の食品であるキャッサバの価格は41%上昇している。どれほどひどいことになるのか想像もしたくない と、アフリカの国の副大臣指定を受けたマビオル・ガラン氏は語った。国境が閉ざされ、自国での食料生産がない。すでに飢饉に見舞われていました。今、コロナウイルスを追加すると、状況がおかしくなる」とのこと。

価格の上昇

一方、FAOのデータによると、インドのチェンナイでは2月からジャガイモの価格が27%上昇している。ミャンマーのヤンゴンでは、ひよこ豆の一種である1グラムあたりの価格が20%上昇した。Wsjバンの運転手ムハンマド・アシフ氏によると、パキスタンのラホール市では、家族の収入が60%減少し、現地の食料品価格は少なくとも25%上昇したという。ウイルスは私たちのような人々の生活を非常に困難にしています。このような状況があと数ヶ月続くと、人々は他の人から食べ物を盗み始めるだろう、つまり自分のニーズを満たすために盗むようになるだろう」とアシフは言う。