国連事務総長、アントニオ・グテーレスは、火曜日に言った。

世界は、少なくとも50年前から見られているどんなものよりも悪い食糧危機の瀬戸際に立っている、それは災害を避けるために迅速に行動するように政府に促したように、国連は警告している。

貧しい人々のためのより良い社会的保護は、コロナウイルスのパンデミックに続く迫り来る不況が彼らの手の届かないところに基本的な栄養を置くかもしれないので、緊急に必要とされている。

直ちに行動を起こさなければ、何億人もの子供や大人に長期的な影響を及ぼす可能性のある世界的な食糧危機が差し迫っていることがますます明らかになってきています。

私たちはパンデミックを制御するための努力の最悪の影響を避けるために、今すぐ行動する必要があります。

主食作物の収穫は持ちこたえており、専門家が恐れていた輸出禁止や保護主義は今のところほとんど回避されているが、パンデミックとそれに伴う不況の最悪の影響はまだ感じられていない。

グテーレスは警告した。食料が豊富な国でさえ、食料サプライチェーンの混乱のリスクがある」と警告した。

約5000万人の人々が今年、パンデミックの影響で極度の貧困に陥る危険性があるが、子供の頃の栄養不良が生涯の苦しみを引き起こすため、長期的な影響はさらに悪化するだろう。

すでに、世界では5人に1人の子供が5歳までに発育不全に陥っており、貧困率が急上昇した場合、さらに何百万人もの子供が同じ運命に陥る可能性がある。

コロナウイルスの世界地図:どの国で最もCovid-19の症例と死亡者数が多いのか?

グテーレスは、世界の食糧システムを修復し、これ以上の被害を防ぐために、3つのポイントで計画を立てた。

それは、緊急災害を回避するために最悪の被害を受けた地域に援助を集中させ、各国政府が食糧サプライチェーンを優先させること、幼い子供、妊娠中の女性、授乳中の女性、その他のリスクの高いグループ(避難所で学校給食を受けていない子供を含む)が十分な栄養を受けられるように社会的保護を強化すること、そして、健康的で環境的に持続可能な食糧システムを優先させるパンデミックからの世界的な回復を構築することによって、将来に投資することである。

国連食糧農業機関のチーフエコノミストであるマキシモ・トレロ氏は、パンデミックとロックダウンが人々の食糧の収穫や売買を妨げていることから、世界の食糧システムは近年かつてないほどの脅威にさらされていると述べた。

私たちは注意を払う必要があります と彼は言った。これはこれまで見てきたものとは全く異なる食糧危機です。

火曜日に発表されたコビド19の食糧安全保障と栄養への影響に関する国連の報告書によると、収穫は順調で、穀物などの主食の供給は「堅調」である。

しかし、ほとんどの人々は地元の市場から食料を調達しており、ロックダウンによる混乱に対して脆弱である。

失業率の上昇やロックダウンに伴う収入の喪失もまた、多くの苦労している人々にとって食料を手の届かないところに置いている。世界市場は堅調に推移しているものの、一部の国では基本的な食品の価格が上昇し始めている。

封鎖は収穫を遅らせ、何百万人もの季節労働者が働けなくなっています。サプライチェーンの問題の結果、農家は生鮮食品の廃棄を余儀なくされ、食肉産業では一部の国で工場の閉鎖を余儀なくされるなど、食品廃棄物は有害なレベルに達している。

国連によると、ロックダウン以前から、世界の食糧システムは多くの分野で失敗していたという。

報告書は、既存の問題として紛争、自然災害、気候危機、害虫や動植物の疫病の到来を指摘している。例えば東アフリカでは、数十年間で最悪のイナゴの大群に直面しており、大雨が救援活動を妨げている。

コロナウイルスの危機とロックダウン、そしてそれに伴う不況の影響は、被害をさらに拡大させ、何百万人もの人々を悲惨な飢餓に陥れてしまうだろうと、専門家は警告している。

コビド19の危機はあらゆる角度から私たちを攻撃しています」と、2021年の食糧システムサミットに向けて国連事務総長の特使を務めるアグネス・カリバタ氏は述べた。

それは私たちの食糧システムにおける危険な欠陥を露呈し、世界中の人々の生活と生計を積極的に脅かしています」と、2021年の食糧システムサミットに向けた国連事務総長のアグネス・カリバタ特使は述べています。